Swiper

3月12日15時 発売スタート

 “4つの幸福”を追い続ける『釜石桜満開牡蠣』缶詰発売にあたりまして


2021年2月17日
かまいし水産振興企業組合
代表理事 三塚浩之


「生産者・消費者・地域・応援仲間である各地のサポーター飲食店」この4つの幸福、未来を願って結ぶ、コロナ禍の新ネットワーク、それが私たちの答えでした。
今、この牡蠣をつくっているのは、たった2人の牡蠣漁師、佐々木健一(通称、健ちゃん)と佐々新一(通称、新ちゃん)。

2009年から震災前

2009年、当時、私は産地の仲買人を生業としつつ、地元水産物の知名度を向上させようと考え、海産物専門の定食屋「浜結」を開店させていました。牡蠣漁師の健ちゃんから、新たな販路についての相談を受け、首都圏に販売できないかと向かったのは「ちよだプラットフォーム」(以下、CPS)。翌年2010年3月には CPS にて「第1回かまいし牡蠣フェア」を開催。都内8店舗が参画し、大盛況。4月には若年層への魚食普及を目的とした「ウギャルプロジェクト」の立ち上げ、、順調に動き出しました。

東日本大震災

しかし、2011年3月11日、東日本大震災。私たちはあっけなく全てを失いました。
牡蠣を育てている大槌湾に面する、健ちゃんが生まれ育った根浜地区、新ちゃんが生まれ育った室浜地区は、どちらも集落そのものが消滅してしまい、惨憺たる状況に漁師たちは大きなショックを受けました。

私は、発災から数日後、生存確認のためのツイッターのDMに、キッチンカーで再起を図りたいという思いをCPSに返信をし、3ヶ月後、「かまいしキッチンカープロジェクト」がスタートしました。

里海プロジェクト設立

2012年、漁師の健ちゃんから「もう一度、牡蠣養殖を始めたい」と決意しました。漁師の新ちゃんも、新たに加わり、CPSのおかげで、生産者・消費者(里海サポーター)・飲食店(協力店)を結ぶ新たなネッ トワークを目指す、「里海プロジェクト」が立ち上がりました。

2名の漁師の願いは、みんなの大きな夢となり、2013年、痩せていたり不恰好だけれども小さな牡蠣が出来がりました。応援して下さった皆さんの喜ぶ姿に心を打たれました。それからは大勢の方が、室浜漁港を訪問して下さったり、CPSで「牡蠣大学」を開講したり、キッチンカーで上京し、靖国神社や有楽町駅前で蒸牡蠣を販売する機会にも恵まれました。地域外の皆さんとのこうした交流で、私たちは生きる希望をいただいていたのです。

台風被害からの再再起

2016年8月31日台風10号、流木により養殖施設が壊滅的被害。
翌日、高台から室浜漁港を眺めると、流木で覆われ海面が見えない状態に「もはやこれまで」と諦めかけましたが、漁師の健ちゃん・新ちゃんは「できるものならもう一度挑戦したい」と奮起し、地元のボランティアと撤去作業を開始。 「諦めが悪いのが室浜スタイル」を合言葉に『桜満開牡蠣 AID』を立ち上げ、再再起を果たしました。

コロナ禍からの新たな挑戦

これまでの様々なイベントや応援から、サポーター飲食店も徐々に増えていきました。なんとか軌道に乗るかと思った矢先、今度は2020年、牡蠣シーズン終了直後からのコロナの影響による緊急事態宣言。世界中が影響を受ける状況になるとはまさに想定外。サポーター飲食店のほとんどが、時短営業の中、業態を変化させアフターコロナに向け耐えています。

同年12月、桜満開牡蠣の今シーズンの進め方について私たちは話し合いました。そして新たな挑戦をすることを決意しました。

今シーズン用意していた桜満開牡蠣は1万5000個。すべてが精魂込めて育て上げた貴重な牡蠣です。「売らなければ立ち行かないけれど、売れさえすれば良いわけだはない、コロナ禍にあって今後を見据えた新たな形・・・」
サポーター飲食店の方々へは、微力ながら産地からの誘客のフォローに徹するので次のシーズンまで購入をお待ちいただくようお願いしました。

直販する桜満開牡蠣の数量を最小限の2500個に絞りました。 そのうちの1/2が里海プロジェクトでお力を貸していただいた皆様に感謝を込めた牡蠣。 残り1/2はサポーター鮮魚店2店(浦安市・藤沢市)での店頭販売。残りの1万2500個、それらを缶詰加工する事に決意。

4つの幸福

「生産者・消費者・地域・応援仲間である各地のサポーター飲食店」共に、“幸福”を分かち合いたいという思いを、この“水煮缶詰”に込めました。

漁師2人と一緒にキッチンカーで上京して提供していた、あの蒸牡蠣を再現するかのような究極の「桜満開牡蠣の水煮缶」を完成させました。
若手漁師と呼ばれていた健ちゃん・新ちゃんも50代。困難な事ばかりですが、あの時描いた「未来」に私たちは向かっていきます。この先も、何かが起きて、何かに試され続けて行くんだと思います。 それでも・・たぶん・・負ける気がしません。みんながいてくれるから。

『4つの幸福』を追い続ける「釜石桜満開牡蠣」缶詰、ぜひご賞味くださいませ。

----------
販売開始:2021年3月12日 (予定)
販売価格:5,400円 (税込)
商品内容:1箱(固形量90g以上3〜5粒/缶×3缶入)

販売者:かまいし水産振興企業組合
製作プロデユース:HAMAYUI (釜石市魚河岸テラス)
製造者:株式会社タイム缶詰(陸前高田市)
製作協力:岩手県中小企業団体中央会・(公財)釜石・大槌地域産業育成センター・岩手県水産技術センター・東北銀行・釜石東部漁業協同組合・桜満開牡蠣サポーター有志の皆さん



In this Covid-19 environment, our decision was to focus on the future, for the happiness and connectivity of our network community, between Producers, Consumers, Region and various Supporting restaurants and friends.

Hiroyuki Mitsuzuka, Representative Director of Kamaishi Suisan Shinkou Kigyou Kumiai.

Currently, only two oyster fishermen, Kenichi Sasaki (commonly known as Ken-chan) and Shinichi Sasaki (commonly known as Shin-chan), are making this oyster, Kamaishi Sakura Mankai oysters.

From 2009 to before the 2011.3.11
At that time, I tried to improve the name recognition of local fishery products while making a living as a middleman in the production area. I wanted to collaborate with local cities all over the country to get into the metropolitan area and sell such products.
At such time, we opened Restaurant "Hamayui" in Kamaishi City, which specializes in local catches. At that time, Ken-chan came to me for consultation about a new sales channel for oysters. With support from Kamaishi City, we headed for the fall of 2009 to the Chiyoda Platform Square (“CPS”) The following year, in March 2010, we held the "1st Kamaishi Oyster Fair" at CPS. Eight stores in Tokyo participated in the event and it was a great success. The following month, the aim was to spread fish food to young people. We have succeeded in launching the "U-Gal Project" and making the media lively every month.


March 11, 2011, the Great East Japan Earthquake.
We just lost everything. In both the Nebama area where Ken-chan was born and raised and the Murohama area where Shin-chan was born and raised, facing Otsuchi Bay where oysters are raised, the village itself has disappeared, and fishermen are in a dire situation. I was shocked.
A few days after the disaster, I received a tweet to confirm my survival. I tweeted back suggesting to CPS that we wanted to survive and revive with a kitchen car, which is a way to quickly restart the restaurant before waiting for the restoration of the city. Three months later, the Kamaishi Kitchen Car Project started, and I started business with a kitchen car. In 2012, a fisherman, Ken-chan, said, "I want to start oyster farming again." Shin-chan, a fisherman who was negative about developing sales channels other than fishermen's cooperatives before the earthquake, also joined the CPS. A new network that connects producers, consumers (Satoumi supporters), and restaurants and stores were forming. We launched the "Satoumi Project".

The wishes of the two fishermen became a big dream for everyone, and in 2013, a thin or clunky but small oyster was made. I was impressed by the happy appearance of everyone who supported me. Since then, many people have had the opportunity to visit the Murohama fishing port, open the 7 Oyster University, go to Tokyo with a kitchen car, and sell steamed oysters in front of Yasukuni Shrine and Yurakucho Station. Through these exchanges with people outside the region, we were hoped to live.

August 31, 2016 Typhoon No. 10 caused catastrophic damage to aquaculture facilities due to driftwood. The next day, when I looked at the Murohama fishing port from a hill, I almost gave up because it was covered with driftwood and I could not see the sea surface, but fishermen Ken-chan and Shin-chan said, "I want to try again if I can." Inspired and started removal work with local volunteers. With the slogan "Murohama style is bad for giving up", we launched "Sakura Full Bloom Oyster AID" and made a comeback. From various events and support so far, the number of supporter restaurants has gradually increased.



In the beginning of 2020 immediately after the end of last season, I was finally thinking that we could get back on track. Then Covid-19 came with a State of Emergency. Most of the supporter restaurants are open for a short time, but they change their business format and endure the current Covid environment.

In December of the same year, we talked about how to proceed with this season of Sakura mankai oysters. We decided to take on a new challenge.

The number of oysters prepared this season is 15,000. Everything is a precious oyster that has been raised with all our soul. "If you don't sell it, you won't be able to stand, but it's not enough if you sell it. We asked the supporter restaurants to wait until the next season as we will do our best to follow up on attracting customers from the production areas. We have reduced the quantity of cherry blossom oysters sold directly to a minimum of 2500 pieces. Half of them are oysters with gratitude to everyone who helped with the Satoumi project. The remaining 1/2 is sold over-the-counter at two supporter fresh fish stores (Urayasu City and Fujisawa City).

The remaining 12,500 pieces, determined to be canned. Four happiness ... "Producers, Consumers, Region and various Supporting restaurants and friends”.
Together, we put the desire to share "happiness" into this "4 pieces of oysters in cans".

We have completed the ultimate "canned Sakura Mankai Oyster" that seems to reproduce that steamed oyster that was offered in a kitchen car with two fishermen.
Ken-chan and Shin-chan, who were called young fishermen, are also in their 50s.
It's all difficult, but we're heading towards the "future" we drew at that time.
I think that something will happen and things will continue to be tested in the future.
Still ... maybe ... I don't feel like losing. Because everyone will be there.


Please enjoy the canned "Kamaishi Sakura Mankai Oysters" that continue to pursue "Four Happiness".


----------
Sales start: March 12, 2021 (planned)
Selling price: 5400 yen (tax included)
Product details: 1 box (3~5pieces / can x 3 cans)

Seller: Kamaishi Suisan Shinkou Kigyou Kumiai
Prodeucer: HAMAYUI (Uogashi Terrace, Kamaishi City)
Manufacturer: Canned Time Co., Ltd. (Rikuzentakata City)
Production cooperation: Iwate Prefecture Small and Medium Business Group Central Association, Kamaishi (public interest incorporated foundation), Otaki Regional Industry Development Center, Iwate Prefecture Fisheries Technology Center, Tohoku Bank, Sakura Full Bloom Oyster Supporters Volunteers


■お知らせ

2021.03.01 新商品「桜満開牡蠣水煮缶」を生産しております。販売開始は3月12日となります。 2021.02.28 2021年シーズンの出荷は終了しました。ありがとうございました。
2021.02.17 2021年シーズン、サポーター店へにの出荷を開始しました。
2021.01.25 2021年シーズンは、サポーター鮮魚店での店頭販売のみとさせていただきます。
2020.03.27 2020年シーズンの受注を締め切りさせていただきました。誠にありがとうございます。
2020.03.20 今シーズン予定数量にまもなく達する見込みです、4月5日到着分にて終了となります。
2020.01.11  2020シーズンの受付を1月25日より開始いたします。発送は2月4日以降となります。
2019.03.20 有楽町駅前広場(有楽町イトシア前)にて4/21~4/24キッチンカーで、蒸した桜満開牡蠣を販売いたします
2019.03.13 生食用牡蠣に係るウィルス検査クリアしております。
2019.03.20 生食用牡蠣に係るウィルス検査クリアしております。
2019.03.06 3月19日〜3月28日は、受注が大変混雑しておりまして到着日の御指定はできません。
2019.01.28 生食用牡蠣に係るウィルス検査クリアしております
2019.01.22 1月24日受注受付始めます。発送は2月1日より
2018.01.04 1月7日「横浜消防出初式2018」にて、桜満開牡蠣を提供致します!
2017.12.08 HP公開
2017.12.06 新FBページ 「桜満開牡蠣」公開

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

クロネコヤマト
 
クロネコヤマト
 

支払い方法について

クレジット

各種クレジットカードでのお支払いが可能です。
VISA/MASTER/DINERS/JCB/AMEX 
楽天ペイ
 
Amazon Pay